飴とムチを使い分ける「飴とムチを使い分けて虜にさせる」

そこの恋するオトメちゃん達、ごきげんよう。恋するオトメの味方、恋愛アドバイザーのキュンキュンママよ。昨日もアタシのところにたくさんお悩み相談が届いたわ。その悩みを読んでいて思ったんだけど、皆恋愛の仕方が下手なのよね~。恋人同士になってゴールだと思っている人が多いのよね。アタシから言わせれば、恋人同士になってからがスタートよ。上手に恋愛していかないと辛いばかりよ。つまり、うまく飴とムチを使い分けなければいけないってことよ。今回は「恋愛で飴とムチを使い分ける方法」を教えてあげるわ。これを学べばあなたの恋愛も少しは長く続くんじゃないかしら?

恋愛で飴とムチを使い分ける方法5つ

飴とムチの割合を慎重にする

飴とムチを上手に使い分けることができたら、彼はあなたの虜になること間違いなしだけど使い方を間違えると逆効果になったりするのよね~。だから相手の性格を読み取って慎重に行う必要があるわ。まず、飴とムチの割合だけど普通5:6で少しだけムチを多くすると効果的よ。でも、繊細な彼だったりする場合は6:5で飴を多くすると良いわね。飴の時はとことん褒めたり甘えたりしなさい。男はね、好きな人の前ではいつだってかっこよくいたいものなのよ。だから好きな人から褒められたら相当嬉しいはずよ。でも!それだけだと彼はあなたの優しさに甘えていつしか自分にとって都合の良い女と考えてしまうの。そこでムチが役立つのよ。飴の間にムチを挟むことで、快楽と緊張を織り交ぜていくから、またあの時の快感を味わいたいと思うようになり、あなたから離れられなくなるのよ。

距離感を大切にする。

飴とムチの割合を説明したけど、実際にどう使うのか説明していくわね。まず、飴とムチを使う上で最も大切なことは相手との距離感を大切にすることよ。もちろん、お互い付き合っているのだから他の人より距離が近くなるのは当たり前のことね。でも、恋人だからって何でもかんでも共有するのは違うわよ。多少の秘密や自分の考えを隠すって言うことも大事なのよ。ちゃんと伝えなきゃいけないことは言うべきだけどそうでないときは少し距離を保つと良いわ。人間はね、多少ミステリアスな方が魅力を感じるものなのよ。まあでも、何でもかんでも秘密にしすぎて逆に怪しまれないようにしないといけないけれどね。程よい距離感がムチになり抜群の効果を発揮するわよ。

甘え上手になる。

ムチを与えた後は飴を与えなければいけないでしょう。飴の中で一番大切なのが甘え上手になることよ。単に恋人に甘えていてもただ甘えるのが好きな子にしか見えないけれど、甘えるタイミングを上手にやることでものすごい効果を発揮するのよ。恋人とケンカをしたり、ムチとして少し厳しい言葉をぶつけるときってあるわよね。そんなときって少し心が折れるじゃない?その後がチャンスなのよ!緊張と快楽について説明したと思うけど、まさに緊張を快楽に変えてあげるタイミングよ。その時に全力で甘えられたらいつも以上に快楽を感じてあなたの虜になること間違いなしだわ。

自分のことを考えさせる。

彼はあなたがいない時、どのくらいあなたのことを考えてくれているのかしらね。人はね、相手の優しさを感じた時よりも相手に対して不安や心配を覚えた時に強く相手のことを考えるのよ。これを飴とムチに置き換えるならムチを使った時に自分のことを考えてくれるということになるわ。では、恋人と会えない時のメールでムチを使いましょうよ。恋人とのメールであなたが明らかに手が空いていることを分からせたうえで、たまにわざと返信を遅らせるの。毎回していたらムチの効果が発揮されないから本当にたまにね。きっと彼は思うはずよ。なぜ返信がないのかと。ほら、もうあなたのことが心配で返信が来るまではあなたのことで頭がいっぱいになったわ。この後の返信は愛がある言葉で彼に飴を使いなさい。そうしたらより効果抜群よ。

尽くしすぎない。そして尽くすよりたまには尽くさせる

女は男に尽くしすぎる人が多いのよね。それって本当自己満足にしか過ぎないのよ。男はね尽くされすぎると、相手は自分から離れていかないと安心してしまい浮気をしてしまいがちなのよ。だから、絶対に尽くしすぎてはダメなのよ。むしろ尽くしてもらえる存在になりなさい。あなたが飴として尽くすんではなく、ムチになって尽くしてもらうのよ。女は愛を与えるよりも与えられる方が幸せになれるのよ。男もね、尽くす相手がいるうちは、どこかに行ったりすることはないわ。

飴とムチは使い分けるのはすごく難しいけれど、これは恋愛に限ったことじゃなく仕事とかにも使えるのよ。人を動かすには飴とムチが効果的なのよ。甘やかすばかりじゃなく、時に厳しい言葉をかけることで相手に慕われる存在になるのよ。まあ、アタシみたいな人ってところかしら~?

人を動かすには飴とムチが効果的

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です